インターネット犯罪の恐怖

インターネットの犯罪って怖いですね
警視庁までウィルス感染ですから・・・

自分の知らない間に自分の情報で誰かが何かをしている・・・

パソコンで24時間いつでも利用できる手軽さから、
多くの銀行が導入しているネットバンクサービス。

便利の反面、不正アクセスによる被害が急増している。

個人情報がわかれば他人に使われてしまう恐怖
パスワードがわかればお金の移動や買い物もできてしまいます。


銀行側は利便性とセキュリティー強化が課題問題

金融庁によると、顧客のパスワードを勝手に使ってネットバンクに接続し、
預金を下ろすなどの被害は平成19年度に232件に上り、
前年度の101件から倍増した。

警視庁は「ネットバンクへの不正アクセスは今後も増えるだろう。
セキュリティー強化など銀行側の対策が急がれる」と警鐘を鳴らす。


25日に他人の個人情報をもとにインターネットバンキングにアクセスし、
預金を移し替えたとして、警視庁築地署が電子計算機使用詐欺と
不正アクセス禁止法違反の疑いで、男を逮捕していたことが分かった。

男は「被害者の自宅パソコンにウイルスを仕掛け、
ネットバンクのパスワードなどを入手した」などと供述。

男はカード番号など約20人分の個人情報が記載された手帳を持っており、
同署は同様の手口で個人情報を繰り返し盗み取っていたとみて、裏付けを進めている。


ウイルスには、パソコンのキーボードの入力履歴を記録するソフト
「キーロガー」が組み込まれていた。

キーロガーをめぐっては、インターネットカフェで仕掛けられ、
ネットバンクやオークションなどにアクセスした利用者の
個人情報が大量流出する被害が確認されている。

自宅パソコンに仕掛けられた被害が明らかになるのは初めて。

男は住所不定、無職、近藤隆昌容疑者(37)。


同署によると、手帳には約20ページにわたり、
カード番号暗証番号とみられる4桁の数字と
名前住所電話番号など約20人分の個人情報がメモ書きされていた。

平成19〜20年に自宅から現金などが盗まれた被害者のものも含まれている。

また
警視庁の職員用ネットワークに接続したパソコン数十台がウイルスに感染し、
業務に支障が出ていることが23日、分かった。

 警視庁情報管理課によると、22日午後に数台の感染を確認。
感染したパソコンをネットワークから切断するなどの措置を取ったが、
23日以降も数十台でウイルスが見つかった。


ウィルスは怖いですね
でも、もっと怖いのがリアルのウィルス
パンデミックかも

新型インフルエンザ(パンデミック)予防 対策

グーグルが一人勝ち

グーグル(Google)が活発な動きを見せています。
携帯電話向け基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のソースを公開したり
アメリカ大統領選ではオバマ支持を表明したりと
収益も検索広告で増収で一人勝ちの様子。

グーグルが次々と話題を振りまいていますね。
さて何を企んでいるのでしょうか目が話せませんね

米インターネット検索大手グーグル(Google)が発表した同社の携帯電話向け基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のソースを公開した。

【10月22日 AFP】米インターネット検索大手グーグル(Google)は21日、同社のオープンソースの携帯電話向け基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のソースコードを公開し、外部のプログラマーらに対し、独自機能の開発に向けて同ソフトウエアを操作してみるよう呼びかけた。

 グーグルのソフトウエア開発者のDave Bort氏は、ウェブサイト「source.android.com」内のブログで、携帯電話向けプラットフォームの「アンドロイド・オープンソースプロジェクト( Android Open Source Project)」が正式に公開されたことを発表した。Bort氏は、外部のプログラマーらに対し、アンドロイドをダウンロードしてソフト開発を開始するよう呼びかけた。ソースコードは、同サイトから無料でダウンロードすることができる。

 22日には、携帯電話大手のT-モバイル(T-Mobile)から、アンドロイドOS初搭載の携帯電話「T-MobileG1(T-モバイルG1)」が発売される予定となっており、発売前夜のソースコード公開となった。(c)AFP


また
アメリカ占拠では勝ち馬に乗り遅れないようにオバマしを支援表明
【米大統領選】グーグルCEOも参加 オバマ氏が経済会合主催
グーグル(Google)のエリック・シュミット(Eric Schmidt)最高経営責任者(CEO)が、米大統領選での民主党のバラク・オバマ(Barack Obama)上院議員支持を表明し、オバマ氏の選挙活動を支援する。米経済紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)が報じた。

 同紙によると、シュミット氏はフロリダ(Florida)州で21日に行われるイベントで、IT企業経営者らとともにオバマ氏支持を表明する意向だ。同紙は、シュミット氏以外の経営者らの氏名には触れていない。

 シュミット氏がウォールストリート・ジャーナル紙に語ったところによると、オバマ氏支持はあくまでも個人的なもので、米大統領選におけるグーグル社の立場は完全に「中立」だという。(c)AFP

米ヤフーは64%減益 グーグルは売上高が約31%増、純利益が約26%増の大幅増収増益決算を発表しており、明暗を分けた。

脳トレ、ネットにはまるハイテク高齢者 祖母ログ

ネットにはまるハイテク高齢者



そう、パソコンを利用するおじいちゃんおばあちゃんが増えています。

私の利用しているあるSNSでも60歳以上のお友達が数人います。

しかも顔文字もバンバン使えて
アフィリエイトなんかにも挑戦しています。


脳を鍛えるパソコンドリル


「今日は主人が留守なの。よければ今夜……」。画面の電子メールには思わせぶりなメッセージ。受け取った相手が孫もいる78歳の女性だとは、まさか送信者は思いもしないだろう。

■コンピューターおばあちゃん

「こんなメールを受け取っても困るわよね。スパムは開いちゃいけないと分かっているけど、おもしろいから時々読んじゃうの」とカマタ・キクエさんは楽しそうだ。

 ハイテクとおばあちゃんは、相反する存在だと思われていた。しかしハイテク好きで高齢化が進む日本では、インターネットを使いこなすお年寄りが増えている。「朝は真っ先にコンピューターを開くのよ。夜のうちに届いたメールを読むのが楽しみ」と、カマタさんの友人のシノハラ・ロコさんも口をそろえる。

 2人は「コンピューターおばあちゃんの会」の会員だ。この会は、ネットにハマった新世代の高齢者のため、1997年に設立された。全国に200人いる会員はほとんどが70代で、中には男性もいる。最年長は京都で1人住まいの97歳の女性だ。

 会員同士でメールや写真を交換し、絵画、小説、詩、音楽といった作品を披露する。家電量販店ツアーなどのオフ会もある。ネット通販も利用する。「このごろは書店がどんどん大きくなって、欲しい本が見つけにくくなった。でもインターネットならすごく簡単」とカマタさん。

■高齢者も徐々にデジタル化

 高齢者にコンピューターを教えているチバ・レイコさんは、生徒から思いもよらない質問をされたことがあるという。「もっと上をクリックしてくださいと言ったら、コンピューターの画面を持ち上げようとした男性がいた。ゴミ箱がいっぱいですと言ったら、『どうしてここからわたしの家が見えるんですか』と聞かれたこともあった」

 しかしそんな質問をする人もだんだん少なくなったという。「数年前からこのような質問は減った。コンピューターに進む前に、携帯電話やデジタルカメラを経験済みの人が増えたからだと思います」とチバさんは言う。

 日本女性の平均年齢は世界最長の85.81歳。そのため夫に先立たれる確率も高い。大川さんは「会員の多くは1人暮らしです。そうした会員が増えるほど、生命線としてのコンピューターの役割は大きくなっていきます」と指摘する。

■亡くなった会員に「さよならメール」

 大川さんにとって最もつらいのは、亡くなった会員をメーリングリストから削除することだという。「亡くなった人からメールが来るはずがないのは分かっているんです。でも、ひょっとしたらと思うとね……」

 大川さんは、亡くなった会員のひつぎに、会員からの「さよなら」メールを届けたことがあるという。また、会員の子どもから、「母がコンピューターの使い方を知っているなどとは思いもしなかった。遺品を整理している時に電子メールや写真を見つけて驚いた」という話を聞かされたこともある。

「子どもたちは、仕事や何やらで忙しいのを口実に、あまり母親のことを気に掛けなかったことを悔やんでいるのかもしれない。でも、わたしたち母親も、意外と自分の人生を楽しんでいるんですよ」

 会員の息子からかつて大川さんに届いたメールには、「母が人生の最後の年月に、楽しく明るい日々を送っていたことを知りました。それが分かったことをうれしく思います」とつづられていた。(c)AFP/Miwa Suzuki

そこでこんな記事を見つけました。

祖母ログ」81歳のネットアイドル!?
車と料理が生きがいのおばあちゃんの日記&レシピブログです。
祖母ログ


1億5千万あげたのは・・・えっ??

1億五千万あげたまだ見ぬ大好きな男の顔は
ジャニーズぢゃなく太ったひげズラのおっさん顔だったトホホ

愛知県警港署は24日、会社の預金を盗んだとして、
名古屋市中川区大畑町1、無職、塚田幸子(30)と
住所不定、無職、広沢正文(32)の両容疑者を窃盗容疑で逮捕した。

塚田容疑者は出会い系サイトで知り合った広沢容疑者の求めに応じ、
総額約1億5300万円を盗んで送金していたが、
2人が初めて会ったのは会社から損害賠償を求められた民事訴訟の法廷だった。

調べでは2人は共謀して、昨年3月から4月にかけて、
塚田容疑者が勤めていた名古屋市内の運送会社名義の
預金口座から計約250万円を勝手に引き出して盗んだ疑い。

塚田容疑者は同社経理課に勤務しており、
会社のキャッシュカードを使って金を引き出した。

2人が知り合ったのは01年末ごろ。
広沢容疑者は「ジャニーズ系」の別人の写真を
自分の写真と偽って塚田容疑者に送り、
「親が病気で大変。返すから貸してほしい」
などと金を無心していた。
塚田容疑者は嫌われたくない一心で会社の金に手を付けたらしい。

初めて2人が会ったのが裁判所の法廷

大好きっだ男の顔・・・
ジャニーズ系のはずが、ひげをはやした太ったおっさん顔とはトホホ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080124-00000146-mai-soci

ウィンドウズビスタの低迷

ウィンドウズ・ビスタの低迷

英国のシネットはウインドウズ・ビスタに対して昨年、
最も悲惨なハイテク製品の一つと評価した。


ウィンドウズ・ビスタの評判の悪さは
ネットを利用しているとよく聞きます。

まず容量が要りすぎるので重い事

私のように1日中PC触ってると1秒2秒で
ストレスになります。

巨大帝国の傲慢?

ビスタのIE7のタブブラウザも・・・
いまさらって感じですね。



発売から間もなく1年を迎えるマイクロソフト社の
ウインドウズ・ビスタ(Windows Vista)の苦戦が続いている。

「ビスタ効果」と呼ばれるほど情報技術(IT)業界に
大きな反響をもたらすという当初の予想は外れ、
逆にライバルであるアップル社のシェアが高まっている。

これについてマイクロソフト社は急きょ、旧システムである
ウインドウズXPの新バージョンを発表するなど、対策に追われている。

ウインドウズ・ビスタに対する評判は、
マイクロソフトの努力にも関わらずなかなか好転しない。
英国のシネットはウインドウズ・ビスタに対して昨年、
最も悲惨なハイテク製品の一つと評価した。

英ガーディアンは、
ビスタがXPに比べて同スペックのパソコンでは
15%から25%ほど処理速度が遅くなり、
線を引くなどの基本的なグラフィック機能も
最高で4倍も時間がかかると指摘している。



昨年1月に発売が開始されたウインドウズ・ビスタは、
その名の通りマイクロソフトの「力作」だ。

5年の準備期間に60億ドル(約6500億円)が投入され、
開発に要した人員も8000人に達するという。
保安機能の強化など数多くの機能が改善された。

しかし多くの機能が加えられたことから、
メモリーを非常に多く使用し処理速度も遅くなるなど、
予想以上の問題が明らかになった。

発売当初は新製品のパソコンに搭載されたビスタを
XPに変更してほしいという要請が相次いだ。

その結果、ウインドウズ・ビスタの業績は世界的に見ても
当初の期待には満たず、韓国市場でも企業などの
大型顧客には一つも売れていないという。


ネット環境では日本より進んでいる韓国に
受け入れられないのは軽視できませんよ

ゲイツさん

でも新しいパソコンホスイ〜

エリカの携帯発売

エリカ様のW53S本日発売!

着せ替えパネルと進化版ジョグの

W53S

話題の渦中の中
沢尻エリカの携帯が発売されます。

KDDIは10月2日、
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のWIN端末「W53S」を10月4日から順次発売すると発表した。

各地の発売日は中国、九州エリアが10月4日、

北海道、東北、北陸、関東、中部、関西、四国エリアが10月5日、

沖縄エリアが10月6日から。


CEATECで実物をじっくり

W53S  KDDIと沖縄セルラーは4日より、
au携帯電話の新ラインナップとして、

「W53S」(製造:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ)
の販売を開始する。


「W53S」は、ジョグダイヤルと十字キーの使いやすさを組み合わせた
新開発の操作デバイス「+JOG」(プラスジョグ)を搭載、
使い勝手を向上させた。

また着せ替え可能な100種類以上の
「Style-Upパネル」を用意。自分の好みに合わせて
デザインを選定することが可能となっている。

BRAVIAまたの技術を応用した画質補正技術RealityMAXを採用した
約2.7インチフルワイド液晶、EZ Felica機能なども搭載し、
機能充実のモデルとなっている。


サイズは49×107×20mm、重量 (電池装着時)約117g、
連続通話/待受時間は約240分/約320時間。
基本カラーは、フロストピンク、ターコイズブルー、
マットブラックの3種となっている。

なお、W53Sを購入したユーザ全員に、
キャンペーンキャラクターの沢尻エリカ待受画像を
プレゼントするほか、

沢尻エリカとアーティスト・タナカノリユキが
デザインしたプレミアムパネルを、
抽選で計1200名にプレゼントするキャンペーンも実施する。



沢尻エリカをもっと見る


エリカ様この注目されている話題が吉と出るか

ガンガレー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000081-zdn_m-mobi
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000026-rbb-sci

ヤフーに賠償命令

情報流出ヤフーにも責任 BB社とならび賠償命じる

500円貰ったけどまたもらえるのかな??

 インターネット接続サービス「ヤフーBB」会員の個人情報流出をめぐり、会員ら5人がヤフーとサービスを運営するソフトバンクBB(いずれも東京)に1人10万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は21日、両社に1人5500円の支払いを命じた。


 1審大阪地裁判決は、BB社だけに1人6000円の賠償を命じていたが、高裁の渡辺等裁判長は、ヤフーの指揮監督責任を認定。流出発覚後にBB社が全会員に500円の金券を配ったことを一部弁済に当たるとして賠償額を減じた。

 判決理由で渡辺裁判長は「パスワードを変更しないなどBB社の顧客情報管理は甘かったといわれても致し方なく、注意義務を怠った過失がある」と指摘。さらに、両社はいずれもソフトバンクの子会社で外形上一体としてサービスを提供している上、ヤフーがインターネット上でグループ会社の個人情報についてもセキュリティー対策を取ると宣言していたことから、監督責任があったと判断した。


 判決などによると、BB社の業務委託先の元社員らが平成15〜16年に外部から同社のサーバーコンピューターに不正アクセス。会員らの氏名や住所、電話番号などの個人情報を入手した。BB社は元社員の退職後も外部からアクセスする際のパスワードなどを変更していなかった。


 データを入手した右翼系政治団体元代表らがソフトバンクから現金を脅し取ろうとした恐喝未遂容疑で逮捕され、16年2月に約460万人分の情報流出が発覚した。

貰えたらうれしいけど(^_-)-☆ニコッ

サイバー大学開校日本初

サイバー大学が入学式 日本初、ネットだけで授業


 日本で初めてインターネットだけで授業を行う4年制の
「サイバー大学」(福岡市)が1日開校し、
入学式が同市のヤフードームで行われた。

 入学式には、運営主体である日本サイバー教育研究所の
宮内謙社長、エジプト考古学者の吉村作治学長らのほか、
出席希望の入学生らが参加し、式の模様は、
入学者向けにインターネットでライブ配信。

 日本サイバー教育研究所は資本金5億円。
ソフトバンクが71%出資したほか、
九州電力やRKB毎日放送などが出資した。

 サイバー大は「IT総合学部」と「世界遺産学部」の
2学部(各600人募集)があり、
学生はパソコンとブロードバンド(高速大容量)通信回線が
あれば、好きな場所、時間に受講できる。
卒業すれば、普通の4年制大学と同様、学士資格が得られる。

 学生は20代後半から30代前半が中心で、
社会人が多いという。
客員教授として青森大教授の見城美枝子さんや
落語家の立川談志さんらが就任し授業を行う。


日本初のインターネット大学となるサイバー大学には、
IT総合学部と世界遺産学部が設置され、
学生はブロードバンド回線を使って
好きな場所と時間に受講でき、4年制のコースを卒業すれば
通常の大学と同じ学士資格が授与されます。

入学式で、エジプト考古学者の吉村作治学長は、
「新しい形のこの大学から日本をリードする人材に
育ってもらいたい」と生徒らを激励しました。

第1期生は1500人あまりで、入学式の様子は
サイバー大学らしくインターネット上でライブ配信されました。

便利なのか横着なのか・・・
身代わり授業や試験もできそうですね
通信教育と何が違うのかな??


パソコンのファイルを勝手に公開するウイルス、Googleマップで場所まで分かる

 セキュリティベンダーの米Websenseは2007年2月19日(現地時間)、パソコンに保存されたファイルを勝手に公開する新ウイルスを警告した(発表資料)。感染パソコンをWebサーバーにして、攻撃者(ウイルス作者)がアクセスできるようにする。攻撃者の持つ専用ソフトには、感染パソコンの場所がGoogleマップで表示されるという。

 今回のウイルスはメールに添付されて送られてくる。メールには、「オーストラリアの首相が心臓発作を起こした」といった虚偽の情報が記述され、詳細は添付ファイルに書かれているとする。添付ファイルの実体はウイルスなので、ユーザーが開くと動き出してパソコンに感染する。Websenseが情報を公開した時点で、2500台以上の感染パソコンが確認されているという。


 このウイルスは、複数のコンポーネントで構成された“多機能”ウイルス。ウイルスの機能の一つは、ユーザーがアクセスしたWebサイトの履歴や、キーボードの入力情報などを記録すること。また、フィッシング詐欺目的の偽サイトを、感染パソコン上に構築する機能も持つ。偽サイトは、米国やドイツなどのオンラインバンクをかたる。


 さらに、感染パソコン上でWebサーバーソフトを起動し、パソコン中のファイルに外部からアクセスできるようにする。同時にウイルスは、感染パソコンのIPアドレスなどを攻撃者に送信する。感染パソコンの情報は、攻撃者が持つ専用ソフトで集計されて一覧表示される。この一覧から、攻撃者は感染パソコンを特定して自由にアクセスできる。


 専用ソフトでは感染パソコンの場所まで特定するという。専用ソフトには感染パソコンのIPアドレスだけではなく、その場所を指すGoogleマップへのリンクが表示される。このリンクをクリックすると、IPアドレスから割り出した感染パソコンの場所がGoogleマップ上に表示される。Websenseの情報によると、感染パソコンは東京にも存在するようだ。

(勝村 幸博=日経パソコン)
【BIBA】ノートンインターネットセキュリティNorton2007【BIBA】

ノートン先生頼もしは重いけどいですよ

こんなウィルスでてきたなんて
凄いですね…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

こうなりゃなんでもできてしまいますね。
悪用されればやりたい放題されてしまいます。

私にこんなんできるスキルがあれば
大金持ちになってるぉアハハ

予防は知らない添付ファイルを開かないことですね
ウィルス感染の多くはメール感染ですからネッ!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。