欲をだすからだまされる

80人から20億円荒稼ぎ、偽セレブ詐欺女天性の手口

すごい人がいるものですね

でもバチあたるのは当然です。

しかし家族グルミなんでしょうね??

旦那もバカ息子もどうかしてますね。

上手い汁でも所詮サギして稼いだお金
わかって使っていたのは明白で
家族揃って刑務所行きですね、チャンチャン


北京五輪バブルにかこつけた架空の出資話を持ちかけ、3600万円をだまし取った詐欺の疑いで警視庁捜査2課と葛西署は14日までに、元産廃会社役員の女(45)を逮捕した。車道楽の夫とレースに熱中する息子。自らも高級ブランド品で身をかため、偽セレブを満喫するために約20億円ものカネを巻き上げていた。その素顔は、被害者も驚く「天性の詐欺師」だった。

 「詐欺で捕まっても3年で出られる」。容疑者は、300万円を詐取した男性(62)に問い詰められ、こう居直った。

 「捕まる前日まで詐欺をやっていた。あんな凄い女は見たことない。顔はカワイイけれど、やることはえげつない」

 家族ぐるみの付き合いだった男性はラスベガス旅行にも同行。「1回で40−50万円賭ける。ハンドバッグに500万円入れ、ぶん投げるように使っていた」

 調べでは、容疑者は2005年10月から06年3月の間、江戸川区内の主婦(57)に「夫の会社がビルを解体工事する際、鉄くずが大量に出る。中国で高く売れるから、お金を預ければ必ずもうけさせる」として5回にわたり計3600万円を詐取した疑い。「1カ月で10−30%」の高配当をうたっていた。

 容疑者は埼玉県大宮市(現在・さいたま市)で、電器店経営の男性と最初の結婚をする。子供を3人もうけるが、数千万円の詐欺を働き、勘当されて離婚。その後、二回り年上の現在の夫と結婚した。

 「引っ越してきたのは7−8年前。廃業したラーメン店に住み始めた」(近所の住人)が、半年もすると、全身シャネルにヴィトン、1000万円前後の宝石を取っ替え引っ替えするセレブ妻へと変身した。

 自宅前のガレージにはフェラーリにベンツ、ランボルギーニ…と、常時高級外車がズラリと並んだ。

 産廃処理会社を経営する夫は帳簿上は月収600万円の高給取りだが、昼間から洗車している姿を頻繁に目撃されており、本業への取り組みは熱心とはいえなかったようだ。親交があった輸入車販売業(58)は「(夫婦で)屋形船を貸し切っては、どんちゃん騒ぎ。銀座に連れ出してはおごる。カモがいい気分になったところで、もうけ話を持ちかけるのがいつもの手口だった」と話す。

 餌食になったのは、夫所属のフェラーリオーナークラブから近所の主婦まで約80人にのぼる。夫は事情を聞かれても「妻がやっていることで知らない」の一点張りだが、「韓国の大学教授が作った水素発電機」や「群馬の大学教授が発明したスーパー肥料」などアヤシゲな投資話を持ちかけることもあったという。

 アマチュアレーサーの息子のレース資金の出所も不透明だ。ポルシェのアマチュア最高峰レースと言われるカレラ杯で06年の王者に輝く実力者だが、それ以上にレース関係者を驚かせたのは資金力。「参加費が約1億円かかるといわれる、プロ2大レース、『スーパー耐久』と『スーパーGT』にも出場していた。スポンサーなしだから、関係者は一様に不思議がっていた」(レース関係者)

 被害男性は逮捕を受け、「親子はフェラーリオーナークラブ内でも運転がうまいので有名だった。でも、人生の運転が下手ならしょうがない」と漏らした。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。