ウィンドウズビスタの低迷

ウィンドウズ・ビスタの低迷

英国のシネットはウインドウズ・ビスタに対して昨年、
最も悲惨なハイテク製品の一つと評価した。


ウィンドウズ・ビスタの評判の悪さは
ネットを利用しているとよく聞きます。

まず容量が要りすぎるので重い事

私のように1日中PC触ってると1秒2秒で
ストレスになります。

巨大帝国の傲慢?

ビスタのIE7のタブブラウザも・・・
いまさらって感じですね。



発売から間もなく1年を迎えるマイクロソフト社の
ウインドウズ・ビスタ(Windows Vista)の苦戦が続いている。

「ビスタ効果」と呼ばれるほど情報技術(IT)業界に
大きな反響をもたらすという当初の予想は外れ、
逆にライバルであるアップル社のシェアが高まっている。

これについてマイクロソフト社は急きょ、旧システムである
ウインドウズXPの新バージョンを発表するなど、対策に追われている。

ウインドウズ・ビスタに対する評判は、
マイクロソフトの努力にも関わらずなかなか好転しない。
英国のシネットはウインドウズ・ビスタに対して昨年、
最も悲惨なハイテク製品の一つと評価した。

英ガーディアンは、
ビスタがXPに比べて同スペックのパソコンでは
15%から25%ほど処理速度が遅くなり、
線を引くなどの基本的なグラフィック機能も
最高で4倍も時間がかかると指摘している。



昨年1月に発売が開始されたウインドウズ・ビスタは、
その名の通りマイクロソフトの「力作」だ。

5年の準備期間に60億ドル(約6500億円)が投入され、
開発に要した人員も8000人に達するという。
保安機能の強化など数多くの機能が改善された。

しかし多くの機能が加えられたことから、
メモリーを非常に多く使用し処理速度も遅くなるなど、
予想以上の問題が明らかになった。

発売当初は新製品のパソコンに搭載されたビスタを
XPに変更してほしいという要請が相次いだ。

その結果、ウインドウズ・ビスタの業績は世界的に見ても
当初の期待には満たず、韓国市場でも企業などの
大型顧客には一つも売れていないという。


ネット環境では日本より進んでいる韓国に
受け入れられないのは軽視できませんよ

ゲイツさん

でも新しいパソコンホスイ〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。