時津風部屋事件

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/88128/TrackBack/

だいたい順番に聞くんじゃなく同時に別々に聞かないと
口裏あわせるだけでしょ

記者が殺到して事故も

 日本相撲協会の理事らが時津風部屋で事情聴取を行った3日、部屋から出る理事らを取材していた報道陣が、部屋の力士に押し倒され、フジテレビの取材クルーの男性が後頭部を打ってしばらく動けなくなる事故が起きた。
 事故が起きたのは3日午後8時過ぎ。目撃情報らによると、聴取を終えた武蔵川(元横綱三重ノ海)と伊勢ノ海(元関脇藤ノ川)の両理事らが部屋のあるマンションの通用口から出ようとしたところ、報道陣が殺到。理事らが車に乗り込むスペースを空けようと、部屋の力士が報道陣を押し返した。
 この騒ぎで、フジテレビのクルーの男性が地面に倒れ、後頭部を打ち、救急車で搬送された。男性は軽傷だったが、しばらく動けなくなった。
 理事らを乗せた車は倒れる男性に気付かずに出発しようとしたが、「人が倒れているんだ」の叫び声で、急停止するなど、現場はごった返し騒然となった。

 大相撲の時津風部屋に在籍していた斉藤俊さん=当時(17)、しこ名・時太山=が6月に急死した問題で、日本相撲協会は2日、事情を知る兄弟子からの聴取を早ければ3日に行う意向を明らかにした。時津風親方(元小結双津竜)らの処分を決める臨時理事会の招集は5日が濃厚で、北の湖理事長(元横綱北の湖)は人命が失われた今回の事態を重視し、時津風親方の解雇を含め厳罰を下す考えを改めて強調した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000151-jij-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000022-mai-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000415-yom-soci
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58731271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。