ミャンマー日本人死亡

ミャンマー日本人死亡


ミャンマーの首都ヤンゴン(Yangon)
東部にある僧院に治安部隊が突入し、約100人の僧が逮捕された。

 目撃者によると、現場の僧院の窓は割れ、
床にガラスの破片や薬きょうが散らばっていたという。
また、付近の住民が泣き叫ぶ姿も見られたとしている。(c)AFP


 ライス米国務長官は、訪問先のニューヨークで記者団に、
ミャンマー情勢について「非常に懸念している」と述べ、
ミャンマーの軍事政権に対し「暴力行為を停止し、
平和的な協議の基盤を築く」よう訴えた。

 長官は「平和的な抗議行動をしていた人々に冷酷に対応した」
と軍政を強く非難。同国に向かう国連のガンバリ特別顧問に対し、
早急に査証(ビザ)を発給するよう軍政に求めた。(共同)

米、ミャンマーの民主化要求デモを支持、追加制裁表明へ

ミャンマーでの大規模な民主化要求デモを支持する
ブッシュ政権の方針を示した。具体的な外交対応として、
ミャンマー軍政当局者への
追加制裁を表明することを明らかにした。

 ホワイトハウスによると、ハドリー補佐官は
ニューヨークへ向かう大統領専用機内で同行記者団に対し、
「自由の進展に向けて、ミャンマー国内グループの取り組みを
支援することは重要」と指摘。米国、国連による圧力で、
軍政当局の変化を促すべきだとの考えを示した。

ブッシュ大統領が示す米側の追加制裁は、
家族を含めた軍政高官への入国規制のほか、
軍政への財政支援者も制裁対象となる。
大統領は国連加盟国に対し、ミャンマーの政治変革に
向けた取り組みを促すほか、同国の民主化勢力を
支える人権組織への支援も呼びかける。

 米国はミャンマー制裁法に基づき、同国との貿易、
金融取引を規制する制裁を実施。国連安保理に提出した
同国への制裁決議案は1月、中露の拒否権行使で
廃案に追い込まれており、米側は自国を先頭に
国別の制裁努力を求める構えだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000036-jij-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000834-reu-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000004-yom-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000802-reu-int



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57520099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。