幼い命が

デタラメな保育園で幼い命が

楽しいはずの遠足の後に車に取り残されて熱中症で亡くなるなんて

 27日午後5時半ごろ、北九州市小倉北区中井の中井保育園の保育士(41)から「駐車場に止めた園の車の中で男児が脱水症状を起こし、ぐったりしている」と119番通報があった。男児は病院に運ばれたが間もなく死亡した。熱射病とみられる。小倉北署は業務上過失致死の疑いで園長ら関係者から事情を聴いている。

 調べによると、男児は小倉北区朝日ケ丘、会社員、浜崎健太郎さん(30)の長男で、中井保育園に通う暖人ちゃん(2)。

 保育園ではこの日午前、園児をワゴン車に乗せて近くの公園に遠足に行き、午後1時半に戻った。5時ごろに職員が1人で車を近くの温泉施設へ移動。数分後、車に忘れ物を探しに行った別の保育士が、最後列の床で暖人ちゃんがあおむけに倒れているのに気付いた。

 遠足から戻る際には保育士2人と園児7人が乗り込んだが、園児を降ろした際に人数は確認しなかった。保育園は取材に対し「担当者がいないので何も分からない」と話している。

 福岡管区気象台によると北九州市のこの日の最高気温は33・4度で、この夏一番の暑さだった。

基本ができていない保育園
小子化問題がある一方で子育て支援施設が
満杯で入れないというおかしな現実問題があります。

これも今までデタラメだった政治の表れのひとつかも
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。