サイバー大学開校日本初

サイバー大学が入学式 日本初、ネットだけで授業


 日本で初めてインターネットだけで授業を行う4年制の
「サイバー大学」(福岡市)が1日開校し、
入学式が同市のヤフードームで行われた。

 入学式には、運営主体である日本サイバー教育研究所の
宮内謙社長、エジプト考古学者の吉村作治学長らのほか、
出席希望の入学生らが参加し、式の模様は、
入学者向けにインターネットでライブ配信。

 日本サイバー教育研究所は資本金5億円。
ソフトバンクが71%出資したほか、
九州電力やRKB毎日放送などが出資した。

 サイバー大は「IT総合学部」と「世界遺産学部」の
2学部(各600人募集)があり、
学生はパソコンとブロードバンド(高速大容量)通信回線が
あれば、好きな場所、時間に受講できる。
卒業すれば、普通の4年制大学と同様、学士資格が得られる。

 学生は20代後半から30代前半が中心で、
社会人が多いという。
客員教授として青森大教授の見城美枝子さんや
落語家の立川談志さんらが就任し授業を行う。


日本初のインターネット大学となるサイバー大学には、
IT総合学部と世界遺産学部が設置され、
学生はブロードバンド回線を使って
好きな場所と時間に受講でき、4年制のコースを卒業すれば
通常の大学と同じ学士資格が授与されます。

入学式で、エジプト考古学者の吉村作治学長は、
「新しい形のこの大学から日本をリードする人材に
育ってもらいたい」と生徒らを激励しました。

第1期生は1500人あまりで、入学式の様子は
サイバー大学らしくインターネット上でライブ配信されました。

便利なのか横着なのか・・・
身代わり授業や試験もできそうですね
通信教育と何が違うのかな??


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。