婦女暴行被害者の氏名・住所も流出、山梨県警

山梨県警の情報流出事件!!

婦女暴行被害者の氏名・住所も公開される!!


山梨県警甲府署勤務の男性巡査の私物パソコンから、
ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じて
500人以上の犯罪被害者らの個人情報を含む捜査資料が
インターネット上に流出していた問題で、流出した資料に

婦女暴行事件の女性被害者の名前や住所などが
含まれていたことが24日、わかった。


流出資料には、このほか、証拠品の提供者の住所、氏名や、
汚職事件のチャート図なども含まれていたという。


県警によると、この巡査は20歳代で、
報告書などを作成する際の参考にしようと、
前任の長坂署勤務時代の先輩警察官から入手し、
私物のパソコンに保存していた。


県警の事情聴取に対し、
「学生時代からウィニーを使っていた」と話している。
              yomiuri online


これって、警察だからって謝罪だけじゃ済まないでしょうね

被害者は一生消えない大きなキズを犯人から負わされ

警察からも一生消えないキズを負わされてる訳ですよね

ただの個人情報じゃないですから


被害者の一生や生死にかかわる重大な情報ですから

あれだけ禁止事項になってる警察が・・・

警察の犯罪も多いし・・・逝ってよしですね

公表された女のしとカワイソ

私なら生きられないぉ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34601882
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ネ申降臨
Excerpt: ネ申がどうゆうわけか消えてしまった...orz ウィンドウズの七不思議ヵモ・・・。 http://www.youtube.com/watch?v=Q4RpxEbY6PI..
Weblog: ライブドアブログでアフィリエイトに挑戦
Tracked: 2007-03-01 17:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。