小沢一郎は鳩山政権の最高実力者


総選挙で民主党を圧勝さして、鳩山政権を誕生させたことで、
小沢神話をなしとげたその手腕と政治力はいやがうえにも高まった。

おそらく小沢一郎の政治人生で、
今は最高に実力を発揮できる時期と言えるでしょう。

そのことを如実に示したのが、日本郵政の社長人事と今回の
政府の行政刷新会議の「事業仕分け」ワーキンググループ(WG)に
1年生議員14人が起用され、小沢一郎幹事長が不快感を示したことを受け、
WGメンバーを衆院当選3回以上を基準とすることを決めた。

小沢氏の絶大な影響力を浮き彫りにしたが
当然のことで何もわからない新人が狡猾な官僚を相手にできるわけがない

ただ不安な材料も数多くかかえているうえ
自民党は揚げ足とろうとやっきになって
自民の諜報機関の元内閣調査室がミスや不正をあばこうと
活動している


小沢一郎の秘密


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000249-jij-pol

| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。