子ども手当の財源で閣内対立

長妻さんと原口さんの言うとおり国がだすのが当然でしょう

平野の言う
マニフェストに全額、国費と書いていたか?

なんて汚い自民党政治のようなイヤラシイ言い方はいけませぬ

私としては国であろうが一部地域であろうが、
キチンと子供手当てを頂きたい


しかし政権交代してからまだわずかですが
すさまじく動いていますね。

自民党政権ではありえなかったことで

結果はまだまだわかりませんが
官僚体制にメスをいれただけでもたいしたものです。


平野博文官房長官は19日の記者会見で
「マニフェストに全額、国費と書いていたか。
いろんな選択肢がある。地方公共団体に
協力いただく選択肢もなきにしもあらずだ」と述べた。

野田佳彦財務副大臣も18日、
「マニフェストの実行の仕方もいろいろある」
と地方負担に含みを残した。
平野氏らの主張は、税収の大幅減が見込まれることが背景にある。


これに反発した長妻昭厚生労働相は19日夜、
首相官邸で鳩山由紀夫首相とこの問題をめぐって急遽会談した。

結論は持ち越したが、長妻氏は会談後、記者団に
「厚労省は全額国庫負担で概算要求している」と述べ、
徹底抗戦する考えを示した。

原口一博総務相も、子ども手当の財源は
国が支出するのが前提だったとの考えで、
「マニフェストを変えるならもう一度選挙をして国民に信を問うべきだ」
と地方負担に反対している。

日本政治の正体


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091019-00000628-san-pol

| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。