静岡地震から1ヶ月

静岡県で最大震度6弱を記録した地震から、
早いもので1カ月になります。

地震災害で被害が増えるのは家屋倒壊と家具転倒での被害です。
地震対策は大切です。

静岡地震の被害が少なくすんだのはなぜなのか、
県危機管理局の8日現在のまとめでは、
地震による死者は1人、負傷者は311人で、うち18人が重傷。

小林佐登志・県危機管理監はこの地震について
「被害が少なかったのは、倒壊家屋がほとんどなかったことが要因。
家が(被災せずに)残っていれば、死傷者は減るし、
避難所生活が短くなるので復興が劇的に早くなる」
と総括した。

もしものために家族を守るという災害対策が大切です。

転倒防止グッズ一覧

レスキューハンマー

| 社会
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。