新型インフル 茨城の脳症4歳男児と小学生男児「重症」 

新型インフルについては政府やマスコミが騒ぎすぎとの見解から
少し控えていたけどその後も増え続けています。
先月になんと国内の新型インフルエンザ感染者が5千人を超えているのです。

新型感染者の脳症の報告はすでに国内5例目で
厚生労働省は12日、新型インフルエンザ感染が確認され
インフルエンザ脳症と診断された茨城県の4歳男児について、
重症との見解を示した。

国内の新型インフルエンザ患者の重症例は初めて。

厚労省は、男児が人工呼吸器を装着し、
集中治療室(ICU)で治療を受けていることから重症と判断した。
男児は引き続きICUで治療を受けており、意識障害が続いているという。

また13日には、関東から福島県北部に帰省していた小学生の男子児童が
新型インフルエンザに感染し肺炎を併発したため、
人工呼吸器を装着し治療を受けている

人工呼吸器を装着してから容体は悪化していないという。

新型インフルエンザへの感染時期について、
同課は「福島に来てからとは考えにくい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090813-00000536-san-soci


新型インフルエンザ(パンデミック)予防 対策


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。