民主党の女刺客はツワモノ揃い

対する自公民の重鎮たちは臆病風が・・・?

青木愛vs太田昭宏
三宅雪子vs福田康夫
田中美絵子vs森喜朗
福田衣里子vs久間章生


小沢一郎代表代行は
衆院群馬4区の公認候補としてフジテレビ社員三宅雪子氏(44)を擁立すると発表した。

東京12区に送り込んだテレビリポーター出身の青木愛氏(43)に続く女刺客。

小沢一郎がかねて“狙い撃ち予告”していた衆院群馬4区は
福田康夫前首相(73)の選挙区で、
「ガッチガチの保守王国」といわれている。

しかし、福田前首相の投げ出し辞任とふてくされた発言により、
今回の選挙戦は対抗馬次第では波乱含みとなる可能性が指摘されていた。

醜態をさらした福田前首相に愛想をつかした
保守票が流れれば勝機十分とみられる。

いくら前首相で名前が売れていても今の自民党なんのその
怖くない

そんな計算も働いているのか

小沢一郎は、
「自民党の支持基盤が固いところほど不信、反発が渦巻いている。
福田さんが現在も強いとは思わない」

と強気な見方を示した。

仮にも首相経験者が保守王国で敗れるとなれば、前代未聞のこと。
首相経験者が保守王国といえば森喜朗もそうです。

田中美絵子vs森喜朗もそうなんです。

石川2区はこれまで森喜朗の“独壇場”だった。
その流れを変えつつあるのが、“美人刺客”の田中美絵子だ。

坂上の雲をつかむような戦いだが、個人対個人ではなく政策で勝利したい
と田中美絵子氏。

急所をぐいぐい攻め立てる手法はさすが“選挙の鬼”というほかない。


また小沢氏は、公明党の太田昭宏代表の選挙区である東京12区に
民主党の青木愛参院議員=比例代表=を送り込んでいる。

小沢氏自身は地元の衆院岩手4区から出馬することが決定し、
刺客戦術がヒートアップしてきた。

小沢氏はこのときも
「太田氏はそんなに強い候補だとは思わない」と指摘。

恐るべし小沢一郎

陰の刺客


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000544-san-pol

| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。