みじめな自民党

どこまで恥さらすのか

自民党の古賀誠選対委員長は23日、
宮崎県庁に東国原英夫知事を訪ね、
次期衆院選への自民党からの立候補を要請した。

東国原氏は出馬の条件として
「党総裁の候補にする」こと

などを提示したため、結論は得られなかった。

麻生内閣の支持率が急落する中、
知名度が高い東国原氏を担ぎ出すことで、
無党派層の支持を獲得したいと
自民党の狙いがあったのでしょうが
見事に恥を晒してしまいましたね
(〃^∇^)o彡☆あははははっ


橋下徹知事は東国原英夫知事が
自民党の古賀誠選対委員長からの衆院選出馬要請に
「次期総裁候補なら」との条件を付けたことについて
「本当に言ったんですか? しゃれとしか思えない」
と笑い飛ばした。

橋下知事は「本当に言ったのか。度胸がある。
僕が地方で騒いでいるのとは全然違うレベルの話」

断る理由で言ったとしか考えられない。

本気だったらすごすぎると驚きを隠さなかった。

自らの国政への転身については
「府民も自民党の皆さんも、僕が国会議員に向かないということは知っている」
とあらためて否定した。

どっちにしろ自民党の値打ちがそれだけ下がったということかな。

崩壊自民の裏のウラ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000103-mai-pol
| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。