電子タバコ

電子タバコが売れているという

電子タバコで禁煙できるのかについては賛否両論ありますが
実際に電子タバコが売れているのは間違いないようです。

ニコレスタイルmismo(ミスモ) スターターキット ブラック

ニコレスタイルmismo(ミスモ
) スターターキット ブラッ…

¥12,600(税込)

「冗談じゃありませんよ〜!俺からタバコを取ったら、なんにも残りませんよ〜!」…かもしれないけれど(苦笑)、タバコが1箱1000円になったら、ほとんどの人がお手上げに。とはいうものの、急にタバコはやめられない、とまらない…。だ・か・ら、今のうちに、mismoに乗…

拡大画像を見る


喫煙”のきっかけ?

電子タバコの使用者の反応はどうか。
電子タバコの購入者を対象にしたアンケートでは、
「楽しく禁煙できている」「使用し始めてからたばこを一本も吸わずにいられる」
などの声が寄せられている。
ほかの電子たばこも、概ねたばこの本数が減らせたとの反響だという。

男性は中高年・女性は20〜30代

厚生労働省の調査によると、
過去に計100本以上、または6カ月以上たばこを吸っていた人のうち、
「この1カ月間に毎日、または時々たばこを吸っている」と回答したのは
平成18年が23.8%で、9年の28.7%に比べて減少傾向にある。

 男女別では、男性は52.7%(9年)から39.9%(18年)と大幅に減少。
女性は11.6%(9年)から10%(18年)とわずかに減っている。

 年代別(18年)で見ると、
男性は30〜39歳が53.3%、40〜49歳が46.5%、50〜59歳が46.2%と、
中高年の喫煙者の割合が高く、

女性では20〜29歳が17.9%、30〜39歳が16.4%と、
若い層の喫煙傾向が目立っている。


電子たばこは電気の熱で、カートリッジに入った液体を水蒸気として発生させる。

本物のたばこのように吸い込むと本体が作動し、熱を発する仕組みだ。

日本国内ではニコチンを化学物質として含む電子たばこは販売できないため、
カートリッジに入っているのは香料入りの液体。

本物のたばこに似た味から、ストロベリーやメロンといったフ
ルーツ系の味のものまでさまざまな商品がある。


健康商品などを販売する「美香堂」が昨年9月に発売した
電子たばこ ECO Smoker(エコスモーカー)
はこれまで、約5万個が売れた。
電子たばこ ECO Smoker(エコスモーカー)仔細

同社以外にもさまざまなメーカーが昨秋から電子たばこを発売。
電子タバコ「TaEco」スタンダード(8点セット)

ニコレスタイルmismo(ミスモ)詳細

各社数万個の売れ行きだという

価格は商品によって異なるが各社の電子たばこの価格は
本体、充電器、カートリッジ入りで約1万〜1万5000円程度。

この金額で禁煙できるのなら安いものです。

エコスモーカーで禁煙に挑戦
禁煙タバコエコスモーカー検証
電子タバコ デジタルタバコ 口コミ比較
禁煙グッズの電子タバコで注目のデジモクを紹介



| 話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。