DVは愛という名の暴力

DVは愛という名の暴力です。
性的強要をDVと認識している人は少なく私は毎日のように強要されてます。
夫婦や交際相手なら当然といった感覚がありますよね

逆に私のほうから誘うのは年に数回あるかないか程度です(*/∇\*) キャ

監視や束縛までをDVに入れるとほとんどの方が
見に覚えや経験があるのではないでしょうか

『愛』と『暴力』は全然違うのに混同しがち。
ジャーナリストの宮淑子さん(64)は
歌がそういうきっかけの一つになればと2年前に
シャンソン歌手としてCDデビューし、歌を通じてDVを啓発している。
普段は埼玉女子短期大で非常勤講師(女性学)を勤めている

【CD】愛という名の暴力/宮淑子

24日に内閣府が発表した調査では、
20、30代女性の約5人に1人が、
交際相手から身体的暴行や恐怖を感じるような
脅迫などを受けた経験があることが分かった。

20、30代の20% 経験「ある」

内閣府が、10代か20代のころに交際相手がいた(いる)
男性799人と女性943人に、相手から
「身体に対する暴行」
「精神的な嫌がらせや恐怖」
「性的な行為の強要」

のいずれか一つでも受けたことがあるかどうか聞いたところ、
女性は20代が最も多く全体の21・3%、
30代の19・6%が「ある」と回答した。

男性は最も多い20代で9・4%。
3項目のうち1つでも該当した女性128人のうち、
21・9%は「命の危険を感じた」という。

また「男女間における暴力に関する調査」の結果によると、
事実婚も含めた結婚経験がある女性の10.8%が
夫から身体的暴力や心理的攻撃、性的強要といった暴力(DV)
を繰り返し受けていたことがわかった。

妻から同様の暴力を繰り返し受けた
経験があると回答した男性は3.0%だった。

一度でも暴力を受けたことがあると回答したのは、
女性が33.2%、男性が17.7%。このうち、
女性は13.3%、男性は4.7%が命の危険を感じるレベルの
暴力を受けたと答え、女性は34.8%、男性は14.1%が
暴力を受けてけがをしたり精神的な不調をきたしたりしたと回答した。

| 話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。