小沢一郎はすごい

アメリカからの会談要請を1度は断ったんだから
小沢一郎はすごいですね
米国務長官と日本の野党党首による個別会談も初めてで

すでに麻生自民党崩壊を現実としてアメリカが認めたということか?


小沢氏は、米側から持ちかけられた会談をいったんキャンセルした。
その後、山岡賢治国対委員長が会談実現に動き、
図らずも今回の同長官の来日中の会談相手で“トリ”を務めることになった。

対応が揺れた理由について小沢氏は15日、
「選挙活動の方が大事だ。彼らだって大統領選の時は選挙一色だ。
『夜でもいい』とまで配慮して会いたいというなら断る理由はない」と語っていた。


小沢一郎代表は17日夜、クリントン米国務長官と都内のホテルで会談。
米国務長官が野党党首と個別会談するのは異例だ。

小沢氏は米国の単独軍事行動主義に異論を唱えているが、
在日米軍再編や中東政策などをめぐる突っ込んだ議論は控え、
政権交代をにらんだ「顔合わせ」

クリントン長官は、民主党の小沢一郎代表と会談し
会談後、小沢代表は記者団に対し、
両者は現在の日米関係の重要性について一致したが、
日米は、どちらかが一方的な行動を取ることのない、
「対等なパートナーシップ」を模索する必要があることを主張したと述べた。


 小沢氏はまた、中国に関する日本側の不安にも言及し、
「中国の民主化がいかにソフトランディングするかが、
日米および世界にとって最大のテーマだ」と述べると、

クリントン長官は
「大変重要な洞察だ。日米中のトライアングルが非常に大事な関係だ」
と答えた。

 小沢氏は最近、「日米同盟は大事だが、オレは米国を信用していない。米国はいろいろ負担を求めてくるだろうが、迎合してはだめだ」と周囲に語っている。12日収録のラジオ番組では、オバマ政権のアフガニスタンへの米軍増派の方針について「いくら兵隊を派遣したって勝てない。ベトナム(戦争の経験)で分かっている」と民生支援重視の持論を展開した。

歯にきぬ着せぬ“小沢節”は封印した様子。

| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。