田中元外相、久々の「真紀子節」=首相は応戦せず

田中元外相、久々の「真紀子節」=首相は応戦せず

前代未聞のアホー内閣
麻生ことアホー太郎首相に真紀子様が言いましたね

衆院各党代表質問で、
民主党は同党会派に所属する無所属の田中真紀子元外相を
“刺客”に立てた。

真紀子氏は類まれなる毒舌のセンスを持つ。

麻生首相の外交政策を追及させ、
2009年度予算審議に向けて対決姿勢を鮮明にする狙い。

民主党はいまひとつ“口撃力”に欠け、
瀕死の麻生政権を追い詰められずにいる。

そこで最強助っ人の“決定打”に期待をかけることになった。

真紀子氏は2007年には当時外務大臣だった麻生氏を
「口の曲がったわけのわからない外相」と揶揄(やゆ)。

その後も“ひょっとこ総理”と命名するなど麻生氏をからかってきた実績がある。

田中氏の「爆発力」に期待した民主党が、無所属の同氏を起用したもので、
久しぶりに「真紀子節」をさく裂させた。

真紀子氏は鳩山由紀夫幹事長の後、衆院本会議で初の代表質問に立ち

「麻生内閣の惨状は国民の誰もがあきれ返るほどだ」。

「各省庁が持ち寄った寄せ木細工のようだ」。

首相の施政方針演説をこう切り捨て
麻生太郎首相の施政方針演説を
「空疎な言葉の壮大な羅列だ」とこき下ろすなど、
「真紀子節」を披露した。

麻生首相を「いつまでもぐずぐずと醜態を天下にさらしているのは、
日頃からスタイルを気にしている首相には似つかわしくない」と
早期退陣を要求した。

野党内の評価は「華がある」(民主党国対筋)から「期待はずれ」(社民党幹部)と分かれたが、

強烈なキャラクターをもつ田中氏だけに、
民主党は次期衆院選勝利に向け、国会内外で田中氏に協力を仰いでいく考えだ。

公明党と自民党とのゴタゴタも表にでてきて
公明党もこのままいるのは方向も違うだろうし
頼みの綱の宗教票も減るでしょうし

自民党内部でもゴタゴタと
仲間と思っていた与謝野氏の場合、首相の「リーダーシップ」という言葉を
衆参両院で読み飛ばしているだけに、さまざまな憶測を呼んでいるし

中川氏は「古い自民党の体質」と森氏を批判して離脱もある

ほんとで前代未聞ですねすねこんなアホー内閣

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090129-00000149-jij-pol

| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。