2ちゃんねる所有権が海外法人に

2ちゃんねる、言論を縛る日本をついに捨てた。

2ちゃんねる開設者の「ひろゆき」が、
自身のひろゆきブログで“2ちゃんねる譲渡”を報告した。
譲渡先はシンガポール共和国の法人とみられ

記事タイトルが「2ch譲渡」でいきなり

そんなわけで、去年は何度も海外出張して2ch譲渡の打ち合わせをしてたりもしてたんですが、ようやく譲渡完了しましたよ。。と。

ヒトコト

違法な書き込みによってさんざん
訴えられのが嫌になったのかな?

ひろゆきはあまり気にしていなかったようだけど
もう嫌になったのかも・・・


2ちゃんねるの書き込みを保存する
サーバー自体はアメリカ合衆国にあり、

従来、2ちゃんねるガイドに添えられていた
「書き込み削除の最終責任は管理人ひろゆきにあります。」

という表現も削除されていることから、
訴訟などの諸問題を解決するための譲渡である可能性が濃厚。

ただ、今回の外国への譲渡が、書き込みをめぐる名誉棄損訴訟や法務省や、
警察庁などのネットを取り締まる官庁に相当の影響を与えるでしょうね。


2ちゃんねる譲渡が報告されたのは、ひろゆき日記@オープンSNSという
ひろゆきの公式ブログです。

2日の午前7時7分の日時で、上記に書いた
「2ch譲渡」と題した記事には
「そんなわけで、去年は何度も海外出張して
2ch譲渡の打ち合わせをしてたりもしてたんですが、
ようやく譲渡完了しましたよ。。と。」

とヒトコト。


譲渡先は「PACKET MONSTER INC. 」とされており、
これについての詳細な説明はない。

ただ、2ch.netのドメインを所有しているのはwhois上でも
シンガポールの「PACKET MONSTER INC. PTE. LTD.」となっており、
形式上だが2ちゃんねるの所有権がひろゆきの手を離れたのは確か。


2ちゃんねるは、元々各方面のヲタクたちが集まり楽しみの場所でしたが
世間も注目するようになったのはADSLが登場し、
インターネットが常時接続時代に入った2000年。

「ネオむぎ茶」というハンドルネームの少年が佐賀県で
「西鉄バスハイジャック事件」を起こし、2ちゃんねるに
“犯行予告”を書き込んでいたことから話題になり

同2000年に、Yahoo! JAPANにも登録され、国民的な人気サイトとなった。

★2ちゃんねる一覧


| 話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。