みのもんた降板 国会を解散さすと名言

みのもんた降板 国会を解散さすと名言

正直ほっとします。

ええ加減、朝・昼・晩と
毎日あの暑苦しい顔は嫌気がさしてました。

といいながらも結構見てましたけど(*⌒m⌒)ぷっ


みのもんたうんぬんより
ワイドショウっぽいのを結構みてましたから


みのもんたさんが26日の放送中に、
「来年3月いっぱいで若い人にバトンタッチしたい」
と番組を降板することを明らかにした。

みのさんは番組終了間際の午後1時45分すぎ、
視聴者に語りかけるようにカメラに向かって来年の予定を説明。

この中で、
「数えてみたら、来年の3月でまる20年。いい番組をやらせていただいた。
いい形で若い人にバトンタッチしていきたい」と語った。

また、番組から火がついたブームや社会現象に触れ、業績を振り返った。

売れっ子司会者のみのさんは現在、
同番組をはじめ多数のレギュラー番組を抱えており、
今年6月には「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」
としてギネスブックにも登録された。

その一方で行き過ぎた問題発言でたびたび物議を醸している。


「おもいッきりイイ!!テレビ」を降板することになった、みのもんたさん(64)は26日の番組終了後、局内で会見を開き、「どうやったらきれいにやめられるか考えてきた。視聴率や、問題で、いやな終わり方をしたくない」と目を潤ませた。今後は、空いた時間を利用して体を鍛え、数年後には「24時間テレビで走ることになる」と宣言した。

 みのさんが降板を考えるようになったきっかけは、3年ほど前に腰の手術をした後、心配する夫人から「いつまでこんな無理なことをするの?」と言われたことだったという。1年ぐらい前からは、「20周年の区切りに…」と考えていたという。


残る3カ月間については「第4コーナーを回ってからの直線をどう走るかをみてもらいたい。3月までに、いまの国会が解散できるような大ネタを一発ぶつけたい」と語った。

でも休養じゃなくまだたくさんテレビにでてますから
ゆっくりしてもいいかも

| 話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。