永田町で替え歌が流行、ぜひ紅白で

麻生太郎の替え歌が首都圏を中心に広まっているという。
麻生内閣支持率ゼロの流行語の主役麻生首相に関する替え歌です。

ユーミンこと松任谷由実の名曲「あの日にかえりたい」と、
ジュリーこと沢田研二の名曲「時の過ぎゆくままに」の
2曲の歌詞を替えた2種類で、支持率急落や解散先送りについて、
首相の心情を歌っています。

これは名曲ですよ・・・ぜひ紅白でアハハ


「麻生版・あの日にかえりたい」
は、高支持率のうちに解散できなかったことを後悔する歌詞。

「麻生版・時の過ぎゆきままに」
は、解散を先送り、得意の演説も国民に飽きられ、疲れ切ったという心情


♪麻生版・あの日にかえりたい♪
 泣きながら ちぎった詔書を
 手のひらに つなげてみるの
 根拠なき あの日の自信
 わけもなく 憎らしいのよ
 あのときの 高支持率を
 人はみな 忘れてしまう
 あの頃の私に戻って
 「解散」と言いたい〜

♪麻生版・時の過ぎゆくままに♪
 あなたはすっかり 疲れてしまい
 解散さえも イヤだと泣いた
 壊れたマイクで いつもの演説
 繰り返しては ため息ついた
 時の過ぎ行くままに この身をまかせ
 紫の袱紗(ふくさ)が 漂いながら
 もしも袱紗が 出てくるならば
 議場の景色も 変わっていくだろう

| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。