スザンヌが絶好調ヌードに熊本県代表

スザンヌが絶好調ですね

写真集フォトブック「22」を発売して
今度は「熊本県 宣伝部長」に任命

熊本県は、観光や特産品を県外にPRする「熊本県宣伝部長」を新設し、
同県出身タレントのスザンヌさんを起用

故郷・熊本の魅力をPRするスザンヌは「熊本をキュッとしたいくらい好き!」とゴキゲン。この日阿蘇山で初雪が観測されたが、報道陣から「阿蘇に何が起きたと思う?」と質問され、「噴火!?」と解答、爆笑を誘った。

 緊張する蒲島郁夫熊本県知事(61)に対し、「“うに〜”と言うと笑顔になれますよ」と堂々アドバイス。四字熟語で今の気持ちを問われると「火の国最高!」とトンチンカンに叫んだ。

スザンヌさんは任命後、県が制作予定の県外向けホームページや、雑誌・新聞広告に登場。県は「親しみやすく家族思いのイメージもある。企業誘致や交流・定住人口の拡大にもつなげていきたい」


28日に迎えた22歳誕生日記念のメモリアルブック。
ハワイで撮影したビキニショットや「小さい頃のヌードも載っていますよ」とアピール。

また、この本を四字熟語で表すと「賛否両論。“賛”の人が多いといいな」と笑わせた。


地域や企業がスザンヌのような人気タレントを起用するのは
ヘタな戦略をたてるよりも効果があると思います。

イメージダウンになるような問題がなければねアハハ


★スザンヌをもっと見る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。