グーグルが一人勝ち

グーグル(Google)が活発な動きを見せています。
携帯電話向け基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のソースを公開したり
アメリカ大統領選ではオバマ支持を表明したりと
収益も検索広告で増収で一人勝ちの様子。

グーグルが次々と話題を振りまいていますね。
さて何を企んでいるのでしょうか目が話せませんね

米インターネット検索大手グーグル(Google)が発表した同社の携帯電話向け基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のソースを公開した。

【10月22日 AFP】米インターネット検索大手グーグル(Google)は21日、同社のオープンソースの携帯電話向け基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のソースコードを公開し、外部のプログラマーらに対し、独自機能の開発に向けて同ソフトウエアを操作してみるよう呼びかけた。

 グーグルのソフトウエア開発者のDave Bort氏は、ウェブサイト「source.android.com」内のブログで、携帯電話向けプラットフォームの「アンドロイド・オープンソースプロジェクト( Android Open Source Project)」が正式に公開されたことを発表した。Bort氏は、外部のプログラマーらに対し、アンドロイドをダウンロードしてソフト開発を開始するよう呼びかけた。ソースコードは、同サイトから無料でダウンロードすることができる。

 22日には、携帯電話大手のT-モバイル(T-Mobile)から、アンドロイドOS初搭載の携帯電話「T-MobileG1(T-モバイルG1)」が発売される予定となっており、発売前夜のソースコード公開となった。(c)AFP


また
アメリカ占拠では勝ち馬に乗り遅れないようにオバマしを支援表明
【米大統領選】グーグルCEOも参加 オバマ氏が経済会合主催
グーグル(Google)のエリック・シュミット(Eric Schmidt)最高経営責任者(CEO)が、米大統領選での民主党のバラク・オバマ(Barack Obama)上院議員支持を表明し、オバマ氏の選挙活動を支援する。米経済紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)が報じた。

 同紙によると、シュミット氏はフロリダ(Florida)州で21日に行われるイベントで、IT企業経営者らとともにオバマ氏支持を表明する意向だ。同紙は、シュミット氏以外の経営者らの氏名には触れていない。

 シュミット氏がウォールストリート・ジャーナル紙に語ったところによると、オバマ氏支持はあくまでも個人的なもので、米大統領選におけるグーグル社の立場は完全に「中立」だという。(c)AFP

米ヤフーは64%減益 グーグルは売上高が約31%増、純利益が約26%増の大幅増収増益決算を発表しており、明暗を分けた。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。