大阪市の裏金問題

大阪市の裏金問題
平松邦夫市長は前にあるなら全てだしてください。
その後にでてくれば処分しますって・・・

あれから何回見つかったの
私の記憶では4回目かな?

どんな処分か・・・
どうせ公務員の処分だから
訓戒や減給何ヶ月レベルでしょう

今年6月までの対象で最も重い停職1カ月は、裏金口座の通帳破棄を指示した経済局課長と、全庁調査がスタートした今年2月5日の翌日に裏金から物品購入の支払命令書を作成した大正区の係長の2人だった。管理監督責任が問われた局長級など幹部は戒告以下に止まった。

 部局別では業者への「預け金」が数多く発覚した市民局54人、旭区で30人、裏金発覚が遅れた経済局で26人の順。平成12年に預け金が発覚したのに今回も預け金が見つかった教育委員会の処分は22人だった。

 一方、全部局の管理職約2200人から集めた自主返還金は約1億8000万円にのぼった。これに直接関係した職員やOBから回収した約9000万円と裏金の残金計約3880万円、業者からの預け金返納分を合わせ、返還金は約3億1400万円が集まった。

 自主返還は支払いを拒否した職員もいる一方で、求められた額を超えて自主的に出したり、対象外なのに支払った職員もおり、市不適正資金問題調査検討委員会が返還を求めた3億円を超えた。

 また、再発防止策として、市は懲戒処分の指針を31日付(8月1日施行)で改正。職員が不適正資金や預け金など新たな裏金をつくった場合、免職または停職とする項目を付け加えた。こうした項目が指針に盛り込まれるのは全国の自治体で初めてという。


これが普通の会社なら脱税になるのか
部署や個人で隠していたなら横領かも

学童保育からの流用や組織ぐるみから個人的流用までなんでもあり


総額7億円を超える大阪市の裏金問題に関連し、平成14〜18年度の外郭団体や関連団体への委託料について調査していた市は15日、新たに計延べ12件、約320万円の不正な会計処理や目的外使用があったと発表した。うち6件で浪速区が関係していた。同区の目的外使用の事案では、職員が団体メンバーと飲食したうえ、ラウンジや風俗店とみられる店にも支払った記録があり、市は私的流用の可能性があるとみて調査を続ける。

 市は、これに加え、これまでの調査で判明した委託料関連の裏金など計11件、約4890万円に利息分を含め計約5211万円を団体や関係職員に9月中に返還するよう求める。

 市は今回、委託料計1万2109件、5664億円分について調査。9割以上が年度末に余剰金がないとする「ゼロ精算」になっていた。

 外郭団体では、ほぼ適正に執行されていたとしたが、人権啓発や統計調査員確保対策・研修など地元の自治会役員らで構成する協議会などの関連団体への委託事業延べ12件でプール金や目的外支出が見つかった。

| 政治
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。